Nature Photography

アクセスカウンタ

zoom RSS 川越の街

<<   作成日時 : 2016/04/23 21:54   >>

ナイス ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

画像



画像

OLYMPUS OM-D E-M1+M.ZUIKO DIGITAL 17mm F1.8

クレアモールというオシャレな商店街にある公園で咲いていたハナミズキ。花の主役は桜からバトンタッチです。
通りを少しそれると2枚目のような光景が。こっちの方が落ち着く気がします(^^;)

(4/24追記)
土曜日の夜にネットで注文したCDの一部が今日到着。ポール・サイモンのソロ3作品(「Still Crazy After All These Years」「There Goes Rhymin' Simon」「The Rhythm Of The Saints」)、ゲイリー・ピーコックが菊地雅章はじめ日本人ミュージシャンと共演した「VOICES」、そしてリッチー・バイラークのピアノ・トリオ「ELM」です。
ポール・サイモンの旧めの2作品とリッチー・バイラークを今日は聴きました。Still Crazy After All These Yearsのサックスはマイケル・ブレッカー、他の曲ではデビット・サンボーンやフィル・ウッズが演奏しているんですよね。共演者についてはドラマーはスティーヴ・ガットだよな程度の印象しかなかったので、ちょっとびっくりでした。そういう予備知識なしに、これは素晴らしい作品です。レコードからの買い直しですが、買ってよかったです。
リッチー・バイラークは、美しいメロディと静逸なECMらしい雰囲気と、共演者(ジャック・ディジョネットとジョージ・ムラーツ)とゴリゴリ激しく刺激し合うような感じが共存していて、なかなか面白かったです。1970年代の録音ながら、非常にクリアで素晴らしい音質、さすがECMといったところでしょうか。
ちなみに、ポール・サイモンの作品はすべて800円台、ゲイリー・ピーコックのは900円台でした。もちろん新品です。ありがたいような、申し訳ないような・・・(^^;)

一番のお目当てのビル・エバンスの発掘音源「SOME OTHER TIME」はGW後半に到着予定ということでしばらくお預けです。こちらもドラムはジャック・ディジョネットなんですよね。早く聴きたい。楽しみです。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 5
ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
川越の街 Nature Photography/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる