Nature Photography

アクセスカウンタ

zoom RSS 取捨選択

<<   作成日時 : 2014/09/20 00:14   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0








OLYMPUS OM-D E-M1+M.ZUIKO DIGITAL 45mm F1.8

今日も渡良瀬遊水地の写真です。いつもコースをゆっくり歩いて、北エントランスに向かい直線道路を駐車場まで歩きながら撮った写真です。かなり暗い中でもなんとかAFで撮影できました。もちろん手持ちです。助かりますね。

さて、40-150mm F2.8ですが、ようやくZD50-200mmの代わりになるレンズが出たなという印象です。
12-40mmと併せZDの標準〜望遠ズームを置き換えることができる機材が揃ったこの機会に、手持ちの機材の整理をしようかと考え中です。ということで、所有する望遠ズームのスペック比較表を作ってみました。



オリンパスのレンズ同士を比べると、40-150mmがレンズの長さで50-200mmとほぼ同等(少し長い)でフィルター径も大きいのに、重さでは50-200mmより310g軽く仕上げられているのが面白いです。SHGを超える画質をHGレンズ以下の重量で実現できるのがマイクロフォーサーズのベネフィットであるということでしょうか。
また、同じマイクロフォーサーズのパナ35-100mmと比べると、パナの携帯性の良さが際立ちます。マイクロフォーサーズ規格の良さを上手に訴求していると言えるのではないでしょうか。ただ、パナ35-100mmはこの携帯性と引き換えに口径食がやや大きくなっており、シャープで携帯性抜群という分かりやすい性能の代わりに割り切っている部分もあります。この辺りの商売上手さがパナのレンズに対する好き嫌いになるのかなと思ったりもします。
個人的には携帯性を求めるなら、35-100mmを思い切って単焦点の75mm F1.8に置き換えるのも面白いのではと思います。

ということで、旧50-200mmと35-100mmは近いうちに旅立ちの時を迎えることになるかと思います。併せて12-40mmとのコンビでほぼカバーできる焦点距離のレンズ2本、11-22mmと14-54mmもドナドナです。
カメラ本体については、E-5とE-M5も使用機会がほとんどないので使ってくれる誰かの元に行くのが幸せなのかなと思っています。

最終的には、E-M1、12-40mm、40-150mm、60mmマクロ、50mmマクロ、そこに単焦点レンズとして17mm F1.8か25mm F1.8と45mm F1.8、そして75mm F1.8というのが自分的に理想的な機材構成かなと思います。そこに2015年発売予定の300mm F4が加わるともう他には何もいらない状態になります。

果たしてどうなることでしょうか・・・

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 5
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
取捨選択 Nature Photography/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる