Snow Monkey








地獄谷のサルといえば、岩合さんが撮られた雪玉で遊ぶ子ザルの写真があまりにも有名ですよね。
上の写真は別に雪遊びをしているわけではなくて、雪をひっくり返して下にあるエサを探しているところだったりします。

E-5+ZUIKO DIGITAL ED 50-200mm F2.8-3.5

子ザルを撮っていたら岩陰から親ザルがぬっと顔を出しました。動きの予想がつかないというのは面白いなと思いました。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

かわいい

この記事へのコメント

2011年01月13日 10:44
最近は、よく猿が出現して怪我したニュースなどを見ますが、こちらの猿さんは違うようですね。
人間を威嚇するでも、怖がるでもなく、特に意識していないような。
猿は怖いってイメージを覆してくれる写真だと感じました。
Terumasa
2011年01月14日 00:09
コサさん こんばんは
そうですね~。ここのサルは人がいてもあまり気にしてない風でした。サル同士でケンカしてこっちの足にぶつかってきたりしてました。
こういう動物と人の関係というのは面白いなと思いました。